Sociology of Science Society of Japan – 7th Annual Meeting

Yesterday, I attended the 7th Annual meeting of the Sociology of Science Society of Japan. The full-day event was held at Tokyo Denki University this year, and I was there for the entire event. I really enjoyed talking about our ongoing Re-conceptualization of ELSI project, as much as listening to the talks of other researchers.

The first session focused on theoretical work, and included presentations by Dr. Hirotaka Ito, who is translating Bruno Latour’s “Reassembling the Social”, and Dr. Yuki Hagiwara, who is studying Ulrich Beck’s risk theory. Dr. Ito emphasized the need to consider the methodological influence of semiotics on ANT seriously. The discussion followed also touched on practical implication of description derived using ANT. There was another talk on ANT, which focused more on Michel Callon’s attempt to develop scientmetric tools. As ANT is receiving some attention within the academic community of sociology in Japan, it would probably be important to have conversation about the difference between Latour’s and Callons ANTs. In the session, there was also a talk on epigenetics emphasizing its potential as a bridge between biology and sociology. I felt unease with the way biological explanation was accepted rather uncritically, but was not able to express it clearly. As epigenetics is one of the areas that I am quite interested in, I would like to study closely what kind of sociological critiques have been made on the attempt to explain social attributes biologically.

After lunch, I took part in the session entitled “the Social Impacts of Science and Technology.” Other speakers in the session were Dr. Wang a research fellow of JST RISTEX, Dr. Ryuma Shineha at Seijo University, and Dr. Ken Kawamura also at Seijo University. Dr. Wang’s talk called for what she calls Science of Team Science (ScieTS). She compared historical developments of discussion on interdisciplinary research in the US and Europe, suggesting that Japan might want to follow the US route. Dr. Shineha is a principle investigator of the research project Co-Creation and Communication for Real-Time Technology Assessment (CoRTTA) on Information Technology and Molecular Robotics, of which Dr. Kawamura is also a member. He explained the platform that his project is developing, and discussed the importance of capturing social images of emerging science and technology as early as possible. Dr. Kawamura then talked about the researcher’s understanding of Dual-Use issues within the emerging community of molecular robotics, arguing that it has strong connection to the neighboring field of synthetic biology. I really look forward to see how their attempt to bring together public and expert discourses to identify the adequate framing for the emergent field of research will develop in the coming years.

My presentation was entitled “STS approach to ELSI governance: Its necessity and potential”. It was based on the work of our Re-construction of ELSI project over the last year. The audience seemed to share our dissatisfaction with the way Ethical, Legal, and Social Issues (ELSI) of science and technology are handled in Japan to some extent. If we unpack the historical development of ELSI, it is difficult to deny that scientists considered it as a political device to promote scientific research and technological development. And yet, the large-scale funding of the ELSI research program in Human Genome Project in the US has allowed scholars of humanities and social sciences to challenge such original view. In contrast, the government set up a committee to deal with ELSI, and the selection of its members were based on their expertise. I argued that here we found a structural problem: i.e. unlike ‘ethical’ and ‘legal’, none can be claimed to be an expert of ‘social’. The effort has been made in the US and Europe to move to post-ELSI phase, and I explained that with our conceptualization of DELTA, we will do the similar here in Japan.

The final session was designed as a memorial session of Prof. Hitoshi Yoshioka, who passed away recently. He is well-known for his close commitment in the politics of nuclear power plants in Japan. The session however focused on his earlier work, in which he tried to develop social studies of science and technology, quite separately from that of the West. The speakers, Profs. Hironori Ayabe at Waseda University, Yasushi Kakihara at Tokyo University of Marine Science, and Yuji Tateishi at Kwansei Gakuin University, discussed how he saw the roles of social scientists in guiding science and technology in society, and I found it quite inspirational. The comments from his close friend Prof. Miwao Matsumoto also made to think the value of that kind of friendship in pursuing an academic career.

The next up is the Society for Social Studies of Science annual meeting in Sydney, in which I have two organized sessions to chair as well as my own presentation. I am confident it will be stimulating too, and very much look forward to it!

 

– 日本語(Japanese ver.) –

昨日は第7回科学社会学会年次大会に参加してきました。会場はこれまでと異なり東京電機大学で、1日だけということだったので朝から全セッションに参加してきました。今年は自分の発表もあり、オーディエンスとの意見交換が出来たほか、他の研究者の発表も伺ってとても刺激になりました。

朝に行われた第1セッションは理論を中心とした発表ということで、Bruno Latourの著書「Reassembling the Social」を翻訳している山形大学の伊藤嘉高先生や、Ulrich Beckのリスク論についてご研究をされている東京海洋大学の萩原優騎先生の発表がありました。伊藤先生のご発表はLatourのANTを研究者が単に自分の目的意識に合わせて「使う」のではなく、その記号論に由来する方法論的意義に立ち返る必要があるのではというお話でした。ANTを使った研究が現象を記述することを可能にするとして、そのような記述がどのような場面で消費され得るのかについての質問もありました。また、同じセッションにはANTと社会ネットワーク分析との接点を論じる発表もありましたが、同じくANTの提唱者であるMichel Callonの問題意識との違いやANTが「ネットワーク」の分析ではないことなどが伝わるとより建設的な議論になるのかなと感じました。さらにこのセッションにはエピジェネティックスに関する発表もありましたが、個人的には生物学的なナイーブな説明を無批判に受け止めてしまっている感じが少ししたにも関わらず、それをうまく伝えることができず、私としてももう少し勉強をしないといけないと感じました。

お昼を挟んで「科学技術の社会的インパクト」と題された第2セッションでは、JST社会技術研究開発センターの王さん、成城大学の標葉先生、同じく成城大学の河村さんと一緒に登壇させていただきました。王さんのご発表は建設的な分野横断的研究の実現を目指すには「チームサイエンスの科学(SciTS)」を進める必要があるのではというものでした。米国の「チームサイエンス」と欧州の「Mode 2」を比較した上で、日本は米国のスタイルを目指すべきというご意見は興味深かったです。標葉先生と河村さんは「情報技術・分子ロボティックスを対象とした課題共創のためのリアルタイム・テクノロジーアセスメントの構築」という研究プロジェクトをなさっていて、標葉先生は現在開発中のプラットフォームのご説明と、その中で社会が科学・技術に対して抱くイメージを早い段階で察知することの必要性をお話しされていました。一方河村さんの発表は萌芽的な研究分野である分子ロボティックスの中で、どのようなデュアルユースの懸念が認知されているのかをインタビュー調査をもとにご紹介した上で、そのような認知に隣接分野である合成生物学の影響が強く出ているというものでした。こういった多元的な情報が今後科学・技術開発のためのプラットフォームの中に組み込まれていくという可能性に大きな期待を感じました。

私の発表は「『ELSI対応』へのSTSアプローチ:その必要性と可能性」という題で、現在実施している「ELSI概念の再構築」研究プロジェクトの1年目の活動の成果と今後の方向性について議論させていただきました。会場でも現在の科学技術に関する「ELSIの議論」が形骸化しているという認識はある程度共有されていたように思います。ELSIという考え方の歴史的な経緯を考えてみても、科学研究や技術開発を進めるための活動として位置づけられてきたことは間違いないようです。ただし、米国でヒトゲノム計画では大きな予算が付けられ大規模な実験として展開されました。そこでは科学者側からの要請に応えるに留まらない活動も実施されてきたわけです。日本では専門家が構成する委員会としてそのような「対応」を行ってきました。ここに構造的な問題があるのではというのが今回の発表の中心的な議論です。欧米でも旧来のELSIのモデルを否定する声は上がっており、新たなモデルの構築を目指す活動が見受けられます。我々のプロジェクトもDELTAという概念を手がかりにそのような活動を展開していく予定です。

最終セッションは先日ご逝去された吉岡斉先生の追悼特別セッションということで、早稲田大学の綾部広則先生、東京海洋大学の柿原泰先生、関西学院大学の立石裕二先生がご発表をされ、指定討論者として成城大学の標葉隆馬先生と科学社会学会学会長の松本三和夫先生がコメントをなさいました。原子力の専門家として広く知られる吉岡先生ですが、今回のセッションでは特に1970年代〜90年代初期の出版物に焦点を当てて、吉岡先生の業績を辿りました。社会科学が科学技術に対してどのようにアプローチすべきかをお考えになっていたことや、そのための理論構築を目指されていたこと、そしてある時点から急速に原子力の政治的議論への関与を強めていったことなど、この分野に関わる研究者の姿として改めて学ぶことが多いと感じました。また、松本先生のコメントからは、お互いを高め合うような研究者が身近にいることの大切さも改めて感じさせました。

帰途に着く頃にはだいぶ疲れてしまいましたが、充実した一日となりました。来月はシドニーで開催の4Sで企画セッション2つと発表があるので、またしっかりと準備をしていきたいと思います。

*去年の科学社会学会年次大会についてはこちらから

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s