Governance of Emerging BioDesign Technologies

On Jan 19th, I attended a semi-closed event entitled Workshop on the Governance of Emerging BioDesign Technologies. The event was organized by a team of researchers based at, or affiliated with, Policy Alternative Research Institute of the University of Tokyo, including our project member Go Yoshizawa. Its main aim was to cross-examine a range of emerging biotechnologies – such as synthetic biology, gene drive, and gene editing – and current practices of their governance, and to discuss if we could go beyond technology-specific approaches that have been predominant in the past.

IMG_0151

It was a fantastic opportunity for those who are thinking about these issues in Japan, like myself, because its speakers included Professors Kenneth Oye at MIT, Megan Palmer at Stanford, and Sam Evans at Tufts and Harvard (he is also my old colleague at InSIS, Oxford), who all have been part of a major research program in the U.S. to bridge disciplines of biology and engineering called Synberc and also involved in educational activities in the field of synthetic biology, such as the iGEM competition. Understandably, the workshop adopted the Chatham House rule, which was crucial not only for speakers but for all participants to fully engage its discussion, so I cannot tell who said what but here describe some of the issues that I personally felt worthy of further exploration.

During the workshop, it was repeatedly suggested that the speed of technological development is getting faster at an exponential rate because several different streams of biosciences are now converging and forming very strong current. In this context, responsive governance approaches are deemed to fail, partly because they fall behind and partly because they often start discussion after adverse consequences are already observed. This, however, by no means mean proactive approaches are always better; they tend to be precautionary and often attempt to make time for careful deliberation by slowing down the speed of technological development.

Therefore, for both those who know well the cutting edge of technological development and want to maintain its momentum and those who want to ensure that a governance system adequate for it is in place, close collaboration can lead to a win-win arrangement. As pointed out in the workshop, to make such collaboration work effectively requires a considerable amount of effort. But such effort can be worth making. A strong case for it may be where scientists came up with ‘a technical fix’ for a societal concern to which social scientists had drawn their attention. Of course, my intention is not to suggest that that was ‘a happy ending’ for those collaborated. The technical fix cannot be perfect from every single perspective and it is possibly that the original issue was translated into another problem (c.f. Latour 1992). Therefore, their collaboration has to continue. Yet, social scientists’ involvement did open up a new stream of technological development that scientists and engineers might not have pursued otherwise, and at least on this point we can call it win-win.

The collaborative work of scientists/engineers and social scientists happening in this way has so far been rather organic and for that reason, tends to be local. So, the question about desirability of international harmonization was also raised several times during the workshop. Attempts to harmonize the governance of emerging technologies across countries are often made, and in some cases they result in international agreements. However, such arrangements might lack commitment from key actors, making their actual impacts questionable, despite their symbolic significance.

Furthermore, the agreements still need be interpreted and implemented locally, causing notable divergence in governance practices at local levels. If the technology of concern were locally containable, then having local governance practice for it might be plausible. But if not and given the increased mobility of individuals, things, and ideas in our society, that would not be sufficient (for example, discussions about GMOs and medical tourism). Divergence of local governance practices can also cause a problem where technological development is closely tied to expectation of financial rewards. In such a case, there is a strong incentive to make less stringent arrangements for it than other places – international competition then starts to look like a race toward minimal intervention in research and development. This can lead to a slippery slope.

An issue that was touched upon but not necessarily explored extensively was who should take the leading role in thinking about all these issues and creating the community that is attuned to the challenge of governance – or ‘a culture of responsibility’, which was the phrase used in the workshop. Both in Japan and the U.S., some individuals have been serving as a network-builder, connecting differently-minded people and letting them work together. Their presence seems to be crucial for tackling the issues of governance. The problem is, however, that such invaluable contribution has not been recognized to the extent to institutionalize a specific post for it. In other words, we never know when we might lose them. I am not arguing for creating of such a post per se, because there is no guarantee that we can come up with a complete list of characteristics required for the job. Yet, it is desirable that we find a way to make the situation sustainable for a long term. And the discussion with the US speakers made it clear that this is a shared challenge in the two countries, and possibly with many others.

It was really a thought-provoking event, and there are a lot of things that I myself have not been able to ‘digest’ properly yet. The discussion also drew my attention to some interesting papers (e.g. Balmer et al. 2015; Evans & Palmer 2017). I am very keen to know what other participants made out of the workshop, and to continue further discussion with them (and others) in the future.

 

ー日本語(Japanese ver.)ー

The Governance of Emerging BioDesign Technologiesワークショップ

去る1月19日に「The Governance of Emerging BioDesign Technologies」というセミクローズドのワークショップに参加してきた。このワークショップは東京大学の政策ビジョン研究センターの研究者たちが中心となって企画されたもので、合成生物学やGene Drive、ゲノム編集などの最先端のバイオテクノロジーとそれらのガバナンスの現状や展望について俯瞰的に検討することを目的としたもので、これまで主流であった個別対応的な科学技術ガバナンスの在り方とは異なるアプローチを模索するといった趣旨であった。

ゲストとして、MITのKenneth Oye教授やStanford大学のMegan Palmer博士、そしてOxford大学のInSISで一緒に学び現在はTufts大学とHarvard大学に在籍するSam Evans博士という、米国の合成生物学の大型プロジェクトであったSymbercや学生を対象とする合成生物学のiGEMコンペティションなどにも関わってきたメンバーが参加しており、日本でこのようなトピックに興味を持つ研究者にとってとてもいい機会であった。ワークショップの具体的な内容などについては主催した研究者らによって今後まとめられる予定であるということなので、参加して私が個人的に気になった点をいくつかここに記しておくことにする。

まず、ワークショップで幾度となく強調されていたのは科学技術の進歩の速さである。1970年代以降の分子生物学や生化学の流れは幾つかの独立した潮流を生み出したが、2000年代に入ってそれらがまた合流したことによって、その速度は急激に早まっているという。このような状況を鑑みた場合、応答的にガバナンスの議論を行うことは難しいという。その理由としては、一つにガバナンスの議論がなされている間にも科学技術が目覚ましく変化していることがあるが、そのようなガバナンスの議論が始まるきっかけとして既に何らかの問題が認識されている状況が多いことも挙げられていた。では、事前対策的なガバナンスであればいいのかというと、それも必ずしもそうではないという。それは、予防原則的に考える傾向があり、慎重な判断を下すため技術開発の流れを一度止めてしまうことがあるためである。

科学技術の最先端に位置し更なる発展を目指す人々にとっても、そのような新たな科学技術のガバナンスを整備することを目指す人々にとっても、互いに協力し、その知見を共有しながら物事を進めていくというアプローチはやはりメリットがあるはずである。ワークショップ中ではそのような協力関係を構築するのに多大な労力が必要とされるといった指摘もあったが、おそらくそのような労力は払うに値するものとなり得る。例えば、社会科学者が指摘する社会的な懸念に対して、科学者あるいは技術開発者が技術による解決方法を提案するといったケースは一つの参考になる。(この点においてhES細胞と山中伸弥教授のリプログラミング技術はそのような例の一つとして捉えることができる。)ただし、技術による解決によって協力関係を終えることができるといったことを意図しているのではなく、新たな技術の開発によって元の問題が新たな問題に置き換えられただけという可能性が高く(Latour 1992)、協力関係はそのまま継続されるべきであろう。その場合でも、協力関係の下でガバナンスの実現に向けた議論が行われたというだけではなく、新たな技術開発の流れも生み出されたという点においてウィン・ウィンの関係にあったと言うことができるはずだ。

そのような協力関係はこれまでの事例では自然発生的に成立することが多く、地域的に限定された活動であった。これを踏まえた場合、国際協調の可能性、そしてその必要性についての慎重な議論が必要だと考えられる。この点はワークショップの中でも何回か議論にのぼっていたように思う。異なるガバナンスの在り方について複数箇所で強調を目指す動きはこれまでにも見受けられており、場合によっては国際的な合意に至ったものもある。だが、そのような合意には必ずしも主要なアクターが参加していないこともあり、その場合は合意に至ったという象徴的な意味以上の効力があるかについて疑問が生じる。

また、そのような合意も、実際のガバナンスに反映する際には現場で解釈され、実践される必要があり、やはり地域間での差が生じる可能性は高い。当該科学技術を地域の中に封じ込めておくことができるのであれば、そのような差があっても問題はないかもしれない。だが、人・モノ・思想の流動性が高い現代社会において、そのような前提に立って考えるのは危険ではないだろうか。(例えば、遺伝子組替え植物や医療ツーリズムに対する懸念がこのことを反映している。)さらに言うのであれば、技術開発が経済的な利益を生み出すことが期待されている場合には、他よりも寛容な姿勢を見せることでその地域内での投資を促進するという目的から国際的な規制緩和競争に繋がる可能性も含んでおり、やはりガバナンスの地域差が問題になることが懸念される。

この他、ワークショップの中で深く議論がされたわけではないが、誰がこういった問題に対して取り組み、ガバナンス体制の構築に向けた活動を行っていくのかということは重要な課題だろう。ワークショップでは「責任の文化」という表現が使われていたが、求められている協力関係を築くための土台となるコミュニティが作られていく必要性があることは明白である。そして、実際に日本でも米国でも異なる価値観を持ったアクターをつないでネットワークを構築するという作業を実践している研究者が存在している。しかしながら、そのような存在が必要であるにも関わらず、その功績は必ずしも適切に認識されていないというのが現状であり、そのような役割をシステムの中で確保するような流れには至っていない。もちろん、そのような存在について求められる能力などを明確化したとしても、それを満たす新しい人材が同じように役割をこなすことができるという保証はどこにもない。たとえそうだとしても、長期的な解決方法としてそのような存在をどのように位置づけ確保していくのかという課題は、日米で共通のものであり、おそらくそれ以外の国でも同じような状況なのではないだろうか。

今回のワークショップは非常に興味深いものであり、ここでまとめることが出来なかった事柄も含めて、今後更なる議論を行うことができればと考えている。また、議論の中ではすでに公表されている示唆に富む論文も知ることができたので、今後の活動に反映していきたいと思う。(例としてBalmar et al. 2015, Evans & Palmer 2017など。)

Reference

Latour, Bruno (1992) Where are the missing masses, sociology of a few mundane artefacts, in W. Bieker & J. Low (eds.) Shaping Technology – Building Society: Studies in Sociotechnical Change, Cambridge, MA: MIT Press.

Balmer, Andrew S. et al. (2015) Taking Roles in Interdisciplinary Collaborations: Reflections on Working in Post-ELSI Spaces in the UK Synthetic Biology Community, Science & Technology Studies, 28(3), 3-25.

Evans, Sam Weiss & Megan J. Palmer (2017) Anomaly handling and the politics of gene drives, Journal of Responsibly Innovation, 5(1), 223-242.

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s