1st ‘DELTA’ Project Workshop

Yesterday, we held the 1st workshop of Re-constructing ELSI Project with three guest speakers. The first speaker was Dr. Makoto Kureha at Kyoto University, who has been working on ELSI of Space Exploration, Development, and Utilization (SEDU) for the last couple of years. He told us about how he started the work and then what are potential issues that ought to be taken into consideration in thinking a new approach to SEDU governance. Such an approach is needed, he explains, because an increasing number of actors are now active in the field to exploit its commercial potentials and the conventional multi-state agreements are not as effective as they used to be when the field was dominated by state-sponsored research agencies. The second was Prof. Wataru Sano at Kyoto University. His talk examined the boundary of ‘public’ and ‘private’ and how this boundary may be mobilized across contexts. In some cases, a policy can serve the public interest even if it benefits only a small group of individuals, though it should be able to demonstrate in what way it does so. The last speaker was Prof. Tatsunori Hara at the University of Tokyo, whose work addresses issues of ‘value co-creation’ through material and service design. He explores ways to empower user-consumers by making more choices available to them, and by intentionally leaving some aspects of the design open and flexible.

The discussions during the workshop and also in a meeting I had with the project members prior to it made me think that research on and/or discussion about ELSI has an important social function other than addressing the issues concerned. I am not exactly sure what that is but it seems to have something to do with the definition of the very thing that is being examined and also its potential value. In some ways, the exercise of examining something’s ELSI indicates firstly that something does exist and secondly the thing is worth doing or having as long as its ‘glitches’ – identified with the label of ELSI – are managed. From this perspective, it may actually be crucial that ELSI work is left to the scholars of humanities and social scientists – who supposedly trustable ‘outsiders’ with no direct interest in the science or technology that they are tasked to examine seriously. To press this thought further, my plan for the coming few months is to re-visit a series of social science literature called the Sociology of Expectation. With the meeting in the morning and the workshop in the afternoon, it was definitely a busy day yesterday but that undoubtedly was the great way to end the year. I just can’t wait to do more work on this in 2018!

 

ー日本語(Japanese ver.)ー

第1回 「ELSI概念の再構築」研究会開催

昨日、3人のゲストスピーカーを招いて『ELSI概念の再構築』プロジェクトの第1回研究会を開催した。一人目の話題提供者は、京都大学宇宙総合科学研究ユニット特定研究員の呉羽真氏。現在行っている『将来の宇宙開発に関する道徳的・社会的諸問題の総合研究』プロジェクトについてご紹介いただき、その成果物として近日中に発表が予定されている「将来の宇宙探査・開発・利用がもつ倫理的・法的・社会的含意に関する研究調査報告書」の内容についてお話をいただいた。宇宙開発はこれまで国家間協定のような形でそのガバナンス体制が構築されていたが、近年の商業目的のアクターの増加によって新たなフェーズに入っており、それに伴って新たなガバナンスの在り方が求められているという。二人目は、京都大学地球環境学堂の佐野亘教授。公共政策においてはその「公共性」がどのように担保されているのかというお話から、公と私の境界線が一意的に決まるものではなく、共有されている価値観を反映する形でこれまでにも流動的にその境界線が移り変わってきたことを解説していただいた。そして三人目は、東京大学人工物工学研究センターの原辰徳准教授。まずこれまで人工物がどのような考え方のもとで作られてきたのかという歴史的な変遷についてご紹介いただいた後に、特に力を入れているというサービスデザインの事例についてご説明いただいた。ユーザーと共創するためのデザインでは、あえてあらかじめ決めない不確定な領域を残すことによって、個別のニーズに合わせたデザインのカスタマイズを可能にするという試みはとても興味深いものだった。

研究会での議論、そして研究会の前にプロジェクトのメンバーと行ったミーティングでの議論からは、ELSIの研究や議論が果たす社会的役割について考える必要性を改めて考えさせられた。それは理想の社会の実現を目指すといった種類の「名目上の」役割とは異なり、ELSIについての議論が必要とされる科学や技術が存在するという認識を強固なものにし、ELSIとしての検討や対策が必要とされる課題さえ乗り越えたとしたら、そのような科学や技術には実現を目指すだけの価値があることを示すといった類いの役割のように思われる。このような観点からすると、研究者が自分たちの手によってではなく、外部者としての人文社会科学の研究者たちを巻き込んで、あるいはそのような研究者たちに委ねる形でELSIの議論が行われる必要性があるようにも思われる。このような考え方は更なる検討の余地があるように思う。そのための一つの方法として、今後しばらくは「期待の社会学」について再訪してみたい。年末の忙しい時期にも関わらず、多くの方のご協力を得て一日通して行った議論はとても有意義であり、来年に向けたいい準備になった。改めて、ご協力をいただいた皆様に感謝を申し上げたい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s