ELSI of Molecular Robotics

To explore how we can approach ELSI of emerging sciences and technologies, I today attended a workshop on ELSI of molecular robotics organized by a research project led by Prof. Akihiko Konagaya as part of JST-RISTEX’s program on Human-Information Technology Ecosystem. Molecular robotics is an innovative technique to create a nano-scale robot which meets three key criteria – ‘sense,’ ‘intelligence’ and ‘mobility’ – using biomolecules. Many researchers working in this emerging field of science have their disciplinary background in biochemistry, biophysics or information science. A concern, however, is that despite its rapid advance, many of the researchers have not recognized the need to address ELSI of their research.

Interestingly, it is partly the move in the neighboring field of synthetic biology that prompted this ELSI initiative in molecular robotics. Because synthetic biology aims to create ‘organisms’ in a lab, researchers in the field as well as some government authorities have been proactively engaging in its ELSI discussion. Although I am not sure if molecular robotics sees synthetic biology as a model to follow or as a formidable rival, it seems that the latter has had certain influence on the former. It was also made explicit that in addressing ELSI, the group sought for involvement of ‘ELSI experts’, and the editorial of the Nature entitled ‘After Asilomar’ was cited to justify that move.

In the workshop, some past examples of ELSI work in other fields were presented. What struck me was that many of them focused on ‘conducts’ of researchers rather than ‘contents’ of their work. It was also evident that ethics – be it research ethics or bioethics – is the major component of ELSI work, which is sometimes accompanied by discussion about regulation on safety and security. This may have something to do with the fact that such work tends to be done after some kind of alarming incidents happened. There is definitely a need to re-think the nature of ELSI practice in terms not only of who should take part in it but also when it should be done.

Provided that this still is an emerging field of science, some expressed their concern about the definition of molecular robotics. If their ELSI work does not have a clear definition, it would be too general in its approach and possibly have little impact on actual research. Yet, if the definition is too specific, then researchers would feel that it can be ‘fetters’ for their work and hence would not accept it. This point reminded me of the discussion about ‘opening up’ and ‘closing down’ of technology, represented by the seminal work of Andrew Stirling at SPRU. The capability of balancing these two throughout the process of technological development definitely needs to be featured in our re-thinking of ELSI.

 

ー日本語(Japanese ver.)ー

分子ロボティックスにおけるELSI

萌芽的な科学技術分野のELSIについての議論の現状を理解することを目的として、今日はJST-RISTEX「人と情報のエコシステム」採択課題「分子ロボットELSI研究とリアルタイム技術アセスメント研究の共創」(代表 東工大・小長谷明彦教授)の研究会に外部参加者として参加させていただいた。この研究会で扱われる分子ロボットは、生体分子を組み合わせることで何らかの機能を果たすロボットを作るボトムアップ的なアプローチだという。ここで言う「ロボット」の定義としては「感覚」・「知能」・「運動」を兼ね備えていることだそうだ。生化学者を中心に、生物物理や情報科学といった分野の研究者が進める「分子ロボット工学」によって社会の問題解決の糸口を探ることがその目的である。例えば、医療応用を目指す研究であれば、分子構造の再現によって、体の特定の機能を人工的に再現させることなどが目標となる。技術的な進歩が目覚ましいこの分野において、研究者の間でまだELSIに対する意識が薄いことが懸念されているという。

また、このようなELSIに対する取り組みが行われるようになった背景には近縁分野でもある合成生物学の影響もあるようだ。合成生物学は人工的に生命を作り出すことが目指されており、その生命倫理的な懸念については研究者レベル、あるいは行政レベルで議論がなされている。ナノ・スケールの自律的なロボットを作ることを目指す分子ロボティックスが、合成生物学の研究分野としての在り方をモデルと捉えているのか、それとも競争相手として捉えているのかは分からなかったが、やはり近隣分野での動向は大きな影響を持つようだ。合成生物学と分子ロボティックスとの一つの線引きとしては、合成生物学が自己増殖する「生物」の作成を目指しているのに対し、分子ロボティックスは基本的に自己増殖しない「人工物」の作成が目指されている点にあるという。この線引きが妥当かどうかは別の問題としても、ELSIを考える上で重要なポイントとなりそうである。また、このような取り組みを始めるにあたっては「ELSIの専門家」と考えられる研究者との連携が模索されたことも述べていた。研究会ではNature(2015)の「After Asilomar」というEditorialにも言及し、研究者だけでそのような議論を進めるやり方はもう通用しないという見解も紹介された。

今回の研究会では、国内外での他の科学技術に関するこれまでのELSIの取り組み、特に研究倫理の議論とその成果としてまとめられた文章や報告書なども紹介されていたが、その多くが科学や技術の中身よりもその研究を進める研究者の行動に焦点を当てるものであったことは一つ興味深かった。また、ELSIの議論がどうしても倫理の話に集約してしまう傾向があることも感じられた。安全性(品質管理)やセキュリティ(デュアル・ユーズ)についての議論もあったが、具体的な研究成果ではなく研究分野としての取り組みの場合には、どうしても踏み込めない部分があるように思える。分子ロボティックスでは将来的な医療応用が視野に入れられていることから、安全性の議論についてはバイオ医薬品の議論をベースとした製造工程管理の話になりがちだが、同様の考え方が環境や工業といった分野での応用にどの程度通用するものなのかについては検討が必要との意見もあった。また、紹介された取り組みのいくつかは、何か実際に問題が生じた後で研究者や行政が事後対応的に実施したものであった。やはり、誰がどのタイミングでELSIの議論を行うべきかについては今後慎重な検討が必要だろう。

今回の研究会ではELSIの議論の成果として規範のようなものを策定することが視野に入れられているようであったが、その中で分子ロボティックスという分野をどのように、あるいはどの程度明確に定義するべきかが重要な検討事項となっている。大枠の倫理規範としてはこれまでに先端科学技術について検討されて来た事柄が同様に該当すると考えられるが、分子ロボティックスだからこそ検討しなくてはいけない事柄があるのであれば、その点については明確に打ち出される必要がある。だが一方で、このような萌芽的な研究分野ではそのような記述が難しく、将来の可能性を限定するような書き方は研究者の反発を買うことが考えられるため、出来る限り明確にすることは避けたいという事情もある。前述の医療応用を前提とした方向でELSIの議論が進んでいるという点も含め、SPRUのAndrew Stirlingの議論で知られるOpening upとClosing downのバランスをどのように取ることができるのかが科学技術のELSIの議論における重要なポイントになると感じた。ハードルは高いが研究者が自主的にELSIに取り組みながら研究開発を進めていく可能性を含め、今日の研究会を通じてELSIの議論の在り方についての慎重な検討が求められていることを改めて実感することができた。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s