Risk & Benefit of Biomedical Innovation

Yesterday, I attended a symposium ‘Think about Regenerative Medicine and Gene Therapy – Understanding Risk and Benefit of Biomedical Innovation’, organized by the Japan Society for Regenerative Medicine. Regenerative medicine is a topic that I studied previously and am likely to come back in the future. I was particularly keen to learn what changed since I moved on.

So what’s changed? Two things has changed significantly. First, the field has certainly advanced. As we know, Dr. Masayo Takahashi’s group at RIKEN CDB did the first case of autologous iPS cell therapy a few years back, and is now doing allogeneic one. There are a few more promising lines of regenerative medicine research that are pretty close to move into clinical studies. Prof. Yasufumi Kanada also explained that the same applies to gene therapy, while it had challenging time in the 1990s. Advancement of these fields should not be limited in their technical refinements: Dr. Yoji Sato told us that regulatory science is now trying to catch up with it also. This relates to the second change, and it is that now Japan has a law that regulates regenerative medicine specifically.

But what has not changed? The experts still follows the ‘deficit model’ to some extent. They believe members of the public cannot distinguish the right technology from wrong ones because they do not understand properly the nature of biomedical innovation, which necessarily involves a time- and resource-consuming process of measuring risk and benefit. And mass media, by emphasizing the hope of the innovation, are partly responsible for their misunderstanding. Considering both regenerative medicine and gene therapy as the public good, the experts stress the importance of supporting the fields as society.

In the discussion session, Prof. Kaori Muto, who spoke about the value of patient participation and engagement in biomedical innovation, then raised an interesting question: what happens if society decides not to? Yes, there is a good chance that informed patients would say “we do not want this” to their researchers. If this happens, are the researchers willing to accept it? Or see it as a problem that is due to the public’s ‘not understanding properly’? As Prof. Atsuo Kishimoto said in his talk, acceptable level of risk cannot be determined by science alone. And that is why risk communication has to be mutual.

 

– 日本語(Japanese ver.)-

昨日は日本再生医療学会が主催した市民シンポジウム「再生医療・遺伝子医療について考える〜先端医療のリスクとベネフィットを知ろう〜」に参加してきました。再生医療は以前に研究をしていただけでなく、また関わることになりそうな分野ということもあり、現状を知るためにはとても良い機会になりました。

参加するにあたって特に知りたかったのは、この3、4年で何が変わったのかということです。大きく変わったのは、まず分野が臨床に向けて大きく前進したという点でしょう。理研CDBの高橋政代先生のグループは自家hiPS細胞を使った臨床研究を世界に先駆けて成功させ、他家hiPS細胞を使った臨床研究を始めています。今回ご登壇された金田安史先生からは遺伝子治療もいくつか有力な技術が生み出されているというお話もありました。そして、治療技術だけでなく、規制科学という側面でも前に進んでいるというのが佐藤陽治先生のお話でした。これは大きく変わった二つめの点につながりますが、日本では再生医療安全性確保法が制定されたことで、承認を受けていない再生医療の取り締まりがおこなわれています。将来再生医療が医療として活用される基盤が整備されて来たといえるでしょう。

では、何が変わっていないのでしょうか。気になった点として、専門家の方が市民や患者がきちんと理解していないことを問題に感じている状況は変わっていないように思いました。今回のディスカッションのテーマの一つでもあったマスコミの役割についても、市民や患者さんの受け止め方を考えた上で報道の在り方を考えて欲しいという意見が強かったように思います。再生医療や遺伝子治療が未来に向けて重要な先端医療分野であることを前提として、社会全体で育てていくための土壌を作る必要があるという考えを持っているのだと理解しました。

これに対して、面白い視点だと感じたのはこのシンポジウムで患者参加や患者参画の重要性についてお話をされた武藤香織先生のディスカッション中のご質問で、それは「どのようなことがあれば社会として育てないという決定に帰結するのか」というものでした。もし、きちんとリスクやベネフィットを理解した上で、患者さん達がこの研究は自分たちの求めているものでないと判断するようなことがあれば、その研究に携わる研究者はそれを受け入れることができるのでしょうか?それとも、また「きちんと理解していないからだ」と問題視するのでしょうか?このシンポジウムの冒頭では岸本充生先生が、どの程度のリスクを許容するかという判断は専門家だけではできないものであると説明していらっしゃいました。そうだとするならば、やはりリスク・コミュニケーションも双方向で行われる必要があるだろうと、改めて感じました。

(文章の内容は上記英文となるべく揃えていますが、同一ではありません。ご注意下さい。)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s